自作DLG①:『TRAVEL』~主翼製作~

自作DLG「TRAVEL」の主翼製作の記録

自作DLG①:『TRAVEL』∼設計∼
≫自作DLG①:『TRAVEL』~主翼製作~
自作DLG①:『TRAVEL』~尾翼製作~
自作DLG①:『TRAVEL』~胴体・リンケージ製作~
自作DLG①:『TRAVEL』~初飛行~
自作DLG①:『TRAVEL』~その後~

さっそく行ってみよう

主翼

リブと桁を加工する用のデータをfusion360で作る

リブと桁に溝を入れて互いにはまるようにしてあるが,CNCで角は削れないので最終的にはすべての溝を現物合わせでカッターで加工した

材料は2㎜ヒノキ板

CNCで削り出してカッターとやすりでバリをとったらこんな感じ

図面を印刷.今回はA3で3つに分割して印刷し,貼り合わせた.貼り合わせは若干失敗した

図面に合わせて下面プランクと下面後縁材を貼り合わせる(1㎜バルサ)

瞬間接着剤で桁を接着

桁の溝に合わせて瞬間接着剤でリブを接着していく.1つ目と2つ目のリブの間にエルロンのサーボモーターが入る

リブを全て取り付けたら瞬間接着剤で前縁にΦ1㎜カーボンロッドを接着する.前縁の補強が目的.(ハンドキャッチにミスると自分の手で前縁を破壊することが多い)

余分な下面プランクを切り落とし,上面プランクをマスキングテープで貼り合わせる

瞬間接着剤で上面プランクを閉じる.主翼がねじれないよう頑張る.ちょっとねじれた

同様に上面の後縁材も接着

こんな感じ

前縁にやすりをかけていい感じにする.カーボンロッドが見えたり見えなかったりする

両翼端の余分なプランクと後縁材をやすりで平面にする

1枚目と2枚目のリブの間の上下面にプランクを貼る

瞬間接着剤でリブキャップをつける.Eライトを貼るわけじゃないので幅はほぼリブと同じ(2㎜∼3㎜)

両翼端にそれぞれの翼厚に応じたバルサ板を5分エポで接着する.エポが硬化してからカッターとやすりで翼型に成型する

翼根側が幅10㎜,翼端側が幅30㎜

エルロンをつける.ヒンジはマスキングテープで,片翼で5か所

翼端が若干足りなかったので,翼端のみ瞬間接着剤で接着

こんな感じ

上反角をつけるために,翼端の高さが75㎜になるよう固定して,直角やすりで翼端側のバルサをやすり掛けする

エルロンにクリスタルテープを貼る(Eライトの代わり)

左翼端のペグを挿すであろう場所をピールクロスで補強する.接着には瞬間接着剤を使用

翼端の高さが75㎜になるようにして,5分エポで翼根を接着する

翼根部の上下面をピールクロスと瞬間接着剤で補強する

胴体と固定するためのボルトを通す穴をあける

ホームセンターで買ったプラスチックのスペーサーみたいなやつ(外径5㎜,内径3㎜)を瞬間接着剤で穴の中に接着する

カーボンクロスの繊維で主翼桁の上下面を補強する.接着には瞬間接着剤を使用

エルロン用のサーボが入るように下面プランクをカットする

使わないサーボホーンを45度にカットしてエルロンホーンを作る.カッターで切った瞬間に破片が作業場の彼方まで飛んでいくのでマステなどでカッターマットに固定しておくといい

エルロンにサーボホーンを接着する.詳しくは尾翼の記事で説明する

左翼端に穴をあけ,ペグを瞬間接着剤で接着する

ソプラを貼るための両面テープを貼る

ソプラを貼ってドライヤーでしわがなくなるまで熱収縮させる

これで主翼の製作は終了!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました