ヘリコプターの航空力学の参考書

ヘリコプターの航空力学を勉強するときに役立つ参考書について紹介する

スポンサーリンク

ようこそヘリコプターの世界へ

SNSで評判の1冊

めったに手に入らない

他の本と比べて,具体的な操縦方法や設計開発の流れなどに重点が置いてある

数式などを極力使わずに説明されているので,最初の1冊に最適

ときたま楽天市場やAmazonに中古が1冊だけ出てきたりする

航空工学講座

有名な青い表紙のシリーズの1冊

表紙にあるように,BK117など既存の機体の構造図などがたくさん書いてあって分かりやすい

ほどよく数式も登場し,ヘリコプターの推力などが簡易的に計算できるようになる

空力だけでなく,構造,エンジン,アビオニクスなど,ヘリコプター全体について幅広い知識を得ることができる

難易度的にも,このレベルまで理解できればとりあえずは満足できる良書

とりあえずこれを買っておけば間違いない

ヘリコプタ入門

沼への第一歩

加藤寛一郎(カトカン)が書いたタイトル詐欺本の名著「航空機力学入門」の姉妹本

上の2冊でさっくり文章だけで説明されていたヘリコプタの特性を,ローターの運動方程式からゴリゴリ導き出していく

ヘリコプタの空力設計やシミュレーターを作るときには参考になるが,カトカン独特の癖(話があっちこっちに飛んで迷子になる)があるので人を選ぶ

筆者流のカトカン本の読み方は以下の通り

  1. 数式はすべて読み飛ばす
  2. 節の最後の「この式から~~ということが分かる」という文だけ読んで,興味があったら式をちらっと見てみる
  3. 2~3時間で読みきるつもりでとにかく読み進める
  4. どこに何が書いてあるかを把握して,その後の作業で必要になった時だけ適宜参考にする

最初のページから意気揚々と数式の導出を追っていてはいつまでたっても読み終わらないし心が折れて睡魔に襲われる

自分がやりたいことに必要ない記述の方が多いので,辞書的に参照するのがいい

個人的には次に紹介する2冊の方がおすすめ

Bramwell’s Helicopter Dynamics

上の3冊の空力の参考図書として挙げられている本

結局英語の教科書が一番丁寧で網羅的でわかりやすい(そして鈍器)

英語で書いてあることを除けば,内容の広さ,深さ,わかりやすさは上に紹介した本の中でもダントツ

日本語の本を読んでヘリコプターの空力の知識をある程度蓄えたらなんとなく内容は理解できるので,ぜひ挑戦してみてほしい

これを読めばヘリコプターの航空力学(力のつり合い,推力などの計算式,安定性)が数式を用いて定量的に一通り理解できる

ちなみに,適切にググれば400ページくらいあるPDFが無料でダウンロードできる

Helicopter Performance, Stability, and Control

沼の底

ただいま鋭意読解中

Bramwell本をもってしても手の届かなかったところに到達できる本

ページ数がBramwell本の倍くらいある

フライトシミュレーターを作成するための空力微係数のリストとその導出が載っていたり,ヘリコプターの基本設計を行うための手順や諸元の決め方なども書いてある

一発目に読むとあまりの分量と内容で心が粉々に粉砕されるので,Bramwell本を踏み台にして読むのがおすすめ

こいつもググれば800ページくらいあるPDFが無料でダウンロードできる

おわりに

ヘリコプターの航空力学の勉強に使った参考書を紹介した

これまで飛行機の空力についてはそれなりに勉強してきたが,ヘリコプターは飛行機よりも1段階レベルが上がっているように思う(楽しい)

↓おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました