【Windows】Visual Studio CodeにCMakeをインストールする(2022.02.16)

WindowsのVisual Studio CodeでCMakeをインストールする方法について説明する

エディション Windows 10 Home
バージョン 21H2
インストール日 ‎2022/‎02/‎14
OS ビルド 19044.1526
エクスペリエンス Windows Feature Experience Pack 120.2212.4170.0

↓C言語のインストールはこちら

スポンサーリンク

CMake のインストール

↓CMake の公式サイトにアクセスする

Download | CMake

 「cmake-3.23.0-rc1-windows-x86_64.msi」をクリックする

ダウンロードされた「cmake-3.23.0-rc1-windows-x86_64.msi」をダブルクリックして実行する

「Next」をクリック

Licence Agreementを読んで「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れて「Next」をクリック

「Add CMake to the system PATH for the current user」にチェックを入れて「Next」をクリック

「Next」をクリック

「Install」をクリック

インストールが始まる(すぐに終わる)

これでCMakeのインストールは完了である

Visual Studio Code で CMake を使えるようにする

Visual Studio Code を開き、拡張機能を開く(Ctrl+Shift+X)

左上の検索窓に「CMake」と入力し、上から「CMake」「CMake Tools」という名前の拡張機能の「インストール」をクリックする

インストールできているか確認する

きちんとインストールできたかどうかを確認するために、Visual Studio Code を開き、エクスプローラーを開く(Ctrl+Shift+E)

「フォルダーを開く」をクリックする

好きなフォルダを選択して「フォルダの選択」をクリック(今回はC:\Users\XXX\Desktop\test)

「このフォルダー内のファイルの作成者を信頼しますか?」という警告が出たら「はい、作成者を信頼します」をクリック

「Ctrl+@」でターミナルを開く

CMakeがインストールできているかを「cmake –version」コマンドで確認する

PS C:\Users\XXX\Desktop\test> cmake --version
cmake version 3.23.0-rc1

CMake suite maintained and supported by Kitware (kitware.com/cmake).
PS C:\Users\XXX\Desktop\test>

できた

まとめ

WindowsのVisual Studio CodeでCMakeをインストールする方法について説明した

↓関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました