グライダー飛行日誌:202/1/8-9

2022/1/8-9のグライダー活動の飛行日誌

スポンサーリンク

概要

2日で計5本

今回の目標

・ATCリベンジ。→○

・中期上昇のときの周りの景色を覚える。→○

・左旋回だけじゃなく右旋回もやる。→○

・旋回中にエレベーターをピコピコしない。→○

・他の機体のフライトを見てサーマルの場所を確認しておく。(フライトのプランを練る。)→○

・高度に余裕があるうちに接地点を目視しておく。→○

・接地点が確認できたらダイブブレーキの操作を試みる。→○

所感

・ファイナルアプローチは線に乗せる。

・ファイナルターンが早い。景色と高度でタイミングを覚える。

・ファイナルターン中は軸線を見つつバンクを調整する。(バンクを深くしすぎないこと。)

・乗るたびに速度と水平線の関係を覚える。奥にぐっとやって座る。

・チェックポイントは高度計読みで800〜1000ft

・Landing approved の返答を忘れないように。

・冬の朝は逆転層ができる。放射冷却のせい。

・ツインツーはダイブを開くと頭が下がって加速する。速度を維持するためにアップの必要あり。

・ダイブのアンロックのタイミングは高度による。ベースターン終了後からアプローチ開始前まで。

・ダイブをアンロックするときは、開きすぎないように注意する。気流に吸われて全開まで持っていかれる。

・着陸時には必ずダイブを開く。ダイブを開くとCl-αが鈍って操縦がしやすくなる。(開かないとPIOになる。)

・安全高度は高度計読みで330ft。それを確認してから中期上昇に入ること。

・中期上昇中は、地平線とフレームの交点の位置、周りの景色、で機体姿勢を把握する。

・レベルオフのタイミングは、ウインチのパワーが絞られて機体の機首が下がってきたタイミング。

・もうパワーがもらえないと判断したらゆっくりと滑空姿勢に入れて離脱する。

次回の目標

・初期上昇の高度を確認する。

・中期上昇の姿勢角を覚える。

・レベルオフのタイミングを掴む。

・BLIP MAPを読む。

・地図上で場周経路を確認する。

・ベースターン終了時の高度目安を概算する。

↓教本

コメント

タイトルとURLをコピーしました