HTTP Response Header “Content-Type” configured incorrectly on the server for file Build/WordPress.wasm , should be “application/wasm”. Startup time performance will suffer.

Unity 2020.3.35f1で出てきたエラーの原因と対処法

スポンサーリンク

エラー内容

UnityでビルドしたWebGLをXServer経由でWordPressにアップしようとしたときに次のエラーが出てきた

↓アップロードの詳しい手順はこちら

原因

XServerにアップしたファイルの中の「Build/WordPress.wasm」というファイルの拡張子.wasmが登録されていないことが原因らしい

UnityのWebGLでwasmのMIMEに関して表示される警告を回避する - Qiita
Unityで練習として構築中のプロジェクトをWebGLでサーバにアップロードしたら変なメッセージが出た。 多分、MIMEが登録されていないという警告だと思う。 MIMEについては世界中に良い説明がたくさんあると思うので割愛けど、今...

上記のエラーをなくすために,「XXX.com/public_html/.htaccess」をローカルにダウンロードして書き換える

書き換えは以下の通り

SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_NoCacheMode=off
SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_StaticMode

<IfModule mod_mime.c>
AddType application/wasm wasm
</IfModule>

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START
#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_START
<IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine on
    RewriteBase /
    RewriteRule ^wp-signup\.php 404-siteguard [L]
    RewriteRule ^wp-activate\.php 404-siteguard [L]
    RewriteRule ^login_mtkbirdman(.*)$ wp-login.php$1 [L]
</IfModule>
#==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_END
#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

# BEGIN WordPress
# "BEGIN WordPress" から "END WordPress" までのディレクティブ (行) は
# 動的に生成され、WordPress フィルターによってのみ修正が可能です。
# これらのマーカー間にあるディレクティブへのいかなる変更も上書きされてしまいます。
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{https:Authorization}]
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

4~6行目が追記したコードである

<IfModule mod_mime.c>
AddType application/wasm wasm
</IfModule>

書き終えたらファイルをXServerにあげなおす

それで解決した

コメント

タイトルとURLをコピーしました