【FreeCAD】任意の視点をホームビューとして設定する

FreeCADで任意の視点をホームビューとして設定する方法について説明する

スポンサーリンク

はじめに

FreeCADでは以下の視点がデフォルトで設定されている

名称説明キーボードショートカット
Homeデフォルトの視点Home/0
 FrontY軸負の向きからZX平面1
 TopZ軸正の向きからXY平面2
 RightX軸正の向きからYZ平面3
RearFrontの反対側の面4
BottomTopの反対側の面5
LeftRightの反対側の面6
Std View Menu - FreeCAD Documentation

これらの視点は画面上部のツールバーのアイコン,右上の直方体,マウス操作などでも変更できる

Home View

しかし,特定の座標の取り方が決まっている場合はそれに合った視点を設定する方が便利である

航空機は慣例的に「機体前方にX軸,右翼側にY軸,機体下方にZ軸」という座標の取り方をするので,FreeCADのデフォルトのHome Viewではひっくり返ったように表示されてしまう

そんな時に使える機能がFreezeViewsである

FreezeViewsの使い方

FreezeViews機能を使えば,最大50までの視点を登録し,呼び出すことができる

Std FreezeViews - FreeCAD Documentation

それでは方法を説明していく

任意の視点をFreezeViewsに登録する

まずはマウスや右上の直方体をこねくり回して自分の好きな視点を決定する

「Shift+F」もしくは「Views>Freeze display>Freeze views」をクリックすることで,現在の視点をFreezeViewsに登録することができる

好きな数だけ視点を登録すれば,それぞれの視点を「Ctrl+数字」のショートカットキーで呼び出すことができるようになる(下の画像ではRestore view1~4)

FreezeViewsを保存する

いま登録したFreezeViewsは,FreeCADを再起動するとリセットされてしまう

FreezeViewsを何度も使いまわすためには,FreezeViewsを保存する必要がある

「Views>Freeze display>Save views …」をクリックする

ウィンドウが開くので,好きな場所に好きな名前で保存する

これでいつでも保存したFreezeViewsを使うことができるようになった

保存したFreezeViewsを読み込む

新しくFreeCADを起動したときは,「Views>Freeze display>Load views …」をクリックする

ウィンドウが開くので,好きな.camファイルを選択して「Open」をクリックする

これで保存したFreezeViewsを読み込むことができた

おわりに

FreeCADで任意の視点をFreezeViewsとして設定する方法について説明した

起動のたびに.camファイルをロードしなければいけないのは若干の手間だが,その代わり最大50までの視点を保存できるのは嬉しい

↓関連記事

FreeCAD
「FreeCAD」の記事一覧です。

FreeCAD
質問・感想・意見などあればTwitterのDMかコメントください!
スポンサーリンク
mtk_birdman's blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました